なんかちょいちょい聞かれるのでメモエントリー。
最速解決策は「ClassicEditorプラグインいれる」です。
でも、いれたくないよ〜って人のためのエントリ。

【対象】

  • WordPressをアップデートしている(=新規インストールではない)
  • WordPressをアップデートしてから「公開(更新)」ボタンを押すと「公開に失敗しました」と出て適用されない
  • BlockEditor使いたい(ClassicEditorPluginをいれたくない)

確かめることとやること

サーバー側

  • PHPやデータベースのバージョンが、要件を満たしているか確認(公式サイトの「要件」に書いてあるからね)
  • WebApplicationFirewallなどでREST-APIに制限がかかっていないか確認(サーバー管理画面とかでできるんじゃないっすかね)

正直、PHP7.3じゃなくても動くっちゃ動くけど。ま、”推奨環境”だしね。

WordPress側

  • 設定->一般のWordPressアドレスおよびサイトアドレスの確認(SSL対応したけどhttp://のままとかない?)
  • パーマリンク更新(たまに忘れることもあるしね?)
  • プラグインとテーマの更新(古いままになってない?)
  • プラグインの停止(MultibytePatchだけ有効化した状態でもなる?)
  • テーマの変更(TwentyNineteenでも同じことになる?)

本番環境しかない人はちゃんとローカルにも作りましょう。

テーマの問題だった場合は開発元で対応状況聞いてみてくださいね。
自作テーマの人は対応がんばってね。